前回は「スッキリわかる簿記」について書きましたが、今回は「簿記の教科書」についてです。

簿記,教科書,2級,3級

「簿記の教科書」「簿記の問題集」3級、2級☆ 1級商会・工原もあります

「簿記の教科書」の特徴は、ひとことでいうと「理解型のわかりやすい教科書」です。

キャラクターは用いていません。その代わり板書を多用して、黒板で説明しているかのような形で書いています。

「簿記の教科書」には「簿記の問題集」という同シリーズの問題集があるので、「簿記の教科書」を選ぶ場合は「簿記の問題集」も忘れずに。

前回、「基本テキストと基本問題集って同じ問題を2回やってムダだ」と書きましたが、「簿記の教科書」と「簿記の問題集」は同じレベルの問題は重複していません。

「基本テキスト」の内容を理解するのに必要な問題は「簿記の教科書」に、それ以外の本試験レベルの問題は「簿記の問題集」に入っています。しかも、「簿記の問題集」のほうには3回分の模擬試験が入っているので、ぶっちゃけ、時間がない人は「簿記の教科書」と「簿記の問題集」だけでもいいんじゃないの?という感じの代物です。

ただ、やっぱり本試験での出題の仕方や、最新の傾向などもあるから、過去問題集もちょっとやっておいてほしいかな。

というわけで、「簿記の教科書」を選んだ場合の教材ラインナップ(基本)は、「簿記の教科書」→「簿記の問題集」→「過去問題集」となります。

こちらも、残り時間や到達度によっては、「過去問題集」の代わりに「直前予想模試」などなど。

以上が、「滝澤ななみ」の本を選んだ場合の
基本ラインナップとなります。

結局は好みによりますが、「3級をちょいと受けてみようと思う」、「キャラものがキライではない」、「なるべくラクに」、「時間がない~!」

→だったら「スッキリわかる日商簿記」

「ふつうにテキストで学習してみようかな」、「2級も続けてやる気でいる」、「キャラものは好きではない」

→だったら「簿記の教科書」

・・・となるかな。

どちらを選ぶにしても、まずはテキストを買ってきましょう。

「過去問題集」や「みんなが欲しかった問題演習」はテキストの後にやるものなので、最初はなくてOKです。

次の記事:日商簿記2級、3級、教材の選び方(5)こんな風に考えて選ぶ人も…

【弟子からのお知らせ】

書籍の購入はTAC出版サイバーブックストアがお得です!

みんなが欲しかった 簿記の教科書3級

みんなが欲しかった 簿記の教科書3級
⇒お買い求めはこちら

みんなが欲しかった 簿記の教科書 日商2級

【商業簿記】

みんなが欲しかった 簿記の教科書 日商2級 商業簿記
⇒お買い求めはこちら

【工業簿記】

みんなが欲しかった 簿記の教科書 日商2級 商業簿記
⇒お買い求めはこちら

まとめて買うならセットがオススメです。

日商簿記3級 みんなが欲しかった!シリーズ 厳選合格セットはこちら

日商簿記2級 みんなが欲しかった!シリーズ 厳選合格セットはこちら

にほんブログ村 資格ブログ 簿記検定へ
にほんブログ村