滝澤ななみ 簿記とか、FPとか・・・書いて〼~宅建士はじめました~

日商簿記とかFP試験の資格書を執筆しています・・・ 本だけではわかりにくい箇所の説明や、試験のこと、学習方法、 本には書けない内容?!などを書いていこう・・・かな・・・ あ、そうそう、最近、宅建士の本を出しました・・・

第2回復習クイズ!~減価償却編~【日商簿記3級】

ど~も弟子です。

復習クイズ2回目です。
減価償却のちょこっと☆講義は、4回にわたる長編となっていましたからね。
始めのほうの記事だと「そもそもなんの特集だったけ?」となっていると思います。 

基本的に人の記憶は、次の日には2~3割くらいしか覚えていないらしいので・・・(´・ω・`)
(あの、有名なエビングハウスの忘却曲線というヤツです。)

まっ、そのために復習をしっかりやりましょう!!というのがこのコーナーの趣旨なので
キッチリ思い出してくださいね。


あっ、このコーナーの使い方は、

(・∀・)つ 第1回復習クイズ!~仕訳とは?・・・編~【日商簿記3級】 

を見ていただければと思います。




では、始めていきましょう。
続きを読む

減価償却 ④ 使用期間が1年じゃなかったらどうなる?【日商簿記3級】

簿記では、会計期間というものを決めて、その期間内に生じた収益と費用の差額で利益を計算します。

会計期間は必ずしも1年である必要はないのですが、試験では1年で出題されています。
1月1日から12月31日までの1年間や、4月1日から翌年3月31日までの1年間というのが、会計期間で多いパターン。3級では個人商店を対象としているため、1月1日から12月31日までの1年となります。

ちなみに会計期間の始まりの日を期首(きしゅ、終わりの日を期末(きまつ)といいます。期末において、今年度の利益を計算したりなんだりする手続きを行います。これを決算(けっさん)といいます。したがって、期末のことを決算日ともいいます。

では、ここから本題。減価償却の話です。いつまで減価償却を語ってるんだ?という感じですが・・・
続きを読む

減価償却 ③ おっと、用語の説明を忘れていた!【日商簿記3級】

さきの減価償却では、「1月1日に3,000万円の建物を買って、その日から事業に使っています。この建物は30年使えますよ、そして、30年後の価値は0円ですよ、ちなみに毎年の価値の減額分は均一ですよ、1年後の12月31日に、この建物の価値の減額分を計算したいのだけど、いくらかな?」という例を用いました。

続きを読む

減価償却 ② 一番簡単な定額法【日商簿記3級】

さて、減価償却・定額法の続きです。

続きを読む

減価償却 ① げんかしょうきゃくってなにさ?【日商簿記3級】

3級のテキスト内容で、「わかりにくい」というのが多いのが、手形(てがた)、減価償却(げんかしょうきゃく)、売上原価(うりあげげんか)あたりです。
今日は減価償却について、ちょっとみてみましょうか。

続きを読む
自己紹介
弟子ツイッターやってます。更新情報などつぶやいてます。↓
簿記記事目次"
FP試験記事目次"
テキスト・問題集選び方目次"