先日ご紹介した「2018年度版 みんなが欲しかった! 社労士 はじめの一歩」につづいて、「2018年度版 みんなが欲しかった! 中小企業診断士 はじめの一歩」も完成したようです。本日、見本をいただきました

(あ、この本もレイアウト的なところ、参加させていただきまして…。だからここでちょっとご紹介を)。

0828_hajime_sin1

「みんなが欲しかった!」の入門書なので、「社労士」同様、一番最初にスタートアップ講座があります。(↓)

0828_hajime_sin2

<スタートアップ講座は、基本的には紙芝居形式で、図式化しております。

中小企業診断士とは何ぞや、という内容や…(↓)

0828_hajime_sin3

試験の日程、試験科目・時間・配点などの試験の内容も、フルカラーで分かりやすく説明しています。(↓)

0828_hajime_sin4

なんと…!
ちょいとややこしい合格基準も、表と具体例でこんなわかりやすく!(↓)

0828_hajime_sin5

タイプ別学習プランもあり…(↓)

0828_hajime_sin6
0828_hajime_sin7

超短期だと、4月からスタートして8月に受験できちゃんうんですね…

科目ごとの特徴も図解でご説明しております…。(↓)

0828_hajime_sin8

本文(入門講義編)のほうでは、「みんなが欲しかった!」最大の特徴である板書が、これでもか!というくらい入っております。

GDPの説明で、こんなにイラスト使っている本ってある???(↓)

0828_hajime_sin9

インフレ時の貨幣価値では、パンを使って説明しています。(↓)

0828_hajime_sin10

あとは…
入門書にもかかわらず、過去問にチャレンジ! もありまして…。(↓)

0828_hajime_sin11

こんな感じで、診断士の試験自体の説明や、診断士試験で学習する入門的内容が分かりやすく、軽やかに記載されております。

…といった、まさにホントにホントの初学者の方が、はじめに手に取っていただくためのものとなっております。

近日、本屋さんに並ぶと思いますので、ぜひぜひ、お手にとってご覧くださいませ。
経済・経営・マネジメント系を総合的にちょっと勉強してみたい、という方にもおすすめです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

…この入門書シリーズ(はじめの一歩シリーズ)、かなり力を入れてやっていくみたいですよ。

今日、打ち合わせがあったのですが、TACの担当者からそんな話…っていうか、「こんな内容で業界新聞に記事を出したんです!」という報告(?)をいただきました。

0828_hajime_sin12

<出典元:文化通信2017年8月7日付(第4332号)より>

300点だって?!

すごい数ですね。資格だけでなく、実務系も出していくみたいです。

どうやら、最終的には、本屋さんに「はじめの一歩シリーズ」を、シリーズとしてズラッと並べて、「なんか資格を取りたいけど、どれが自分に向いているのかな?」というお客さんが、「これどうかな?」「あれはどんなの?」と見比べて、自分に合った資格の勉強を選んでいただけるようにもしたいようですよ。

社労士、診断士につづいて、次は何が出てくるのか?!

お楽しみに!

【弟子からのお知らせ】

書籍の購入はTAC出版サイバーブックストアがお得です!

2018年度版 みんなが欲しかった! 中小企業診断士はじめの一歩