ど~も弟子です。

宅建士の受験勉強を始めてみたけど、時間が無い!とか、
それなりに勉強をしてきたけど過去の問題が全く解けない!と、
焦っているときに役立つのが、
「予想問題」ですよね。
百発百中ではないけれど、どこを勉強したら良いのか、自分の実力はどれくらいなのかを知ることができる便利アイテムです。

今回、使用することとしたのは「2017本試験をあてる TAC直前予想 宅建士」です。

本書の裏にプレミアムレクチャーというのが視聴できると書いてあるので、
ちょっと気になったので見ていきます。

専用ページを開いてみると、分野別の重要論点と予想問題について触れているみたいです。

動画のページでは、本試験最重要出題予想論点ポイント解説と本試験最重要出題予想問題ポイント解説が4つずつ、計8個ありました。
合計時間はなんと90分以上!
結構なボリュームですね!
動画1本も15分以内に収まっているため移動中の隙間時間にも聴けそうです。

では早速、プレミアムレクチャーの内容を紹介したいと思います。

なお、紹介にあたって、動画の表題が長いので「予想論点解説」「予想問題解説」と省略しています。

①民法等-予想論点解説(14分38秒)-

まずは導入として、今年の目標点とその内訳です。

過去10年の合格点の推移を考察して、今年の目標点(合格予想点)を導きだし、それを達成するために各分野の内訳の出し方まで説明してくれています。

次に本題の、どうやったら目標点に到達できるかです。

予備校らしく過去の出題実績から、民法等で今年はどこが狙われそうか、どのような勉強をしたら得点に結びつきやすいかを解説してくれています。

使用画像1

勉強で迷子になっている人にはとてもわかりやすい説明なので助かります。

②民法等-予想問題解説(12分15秒)-

予想論点に関する予想問題を解説してくれています。

第○回の第○問について解説を行うので、手元に問題冊子があるほうがより効果的かもしれません(以後、予想問題解説は同じ)。

今年は借地借家法・民法の賃貸借契約・不動産登記法のポイントを解説していました。

なんでこのような出題をしたのか、についても触れているため時間が無い場合は解説だけを聴くのも有効だと思います。

使用画像2

③宅建業法-予想論点解説(10分16秒)-

宅建業法といえば、宅建士試験のメイン科目ですね。

20問も用意されているところなので、できるだけ得点しないと合格は難しそうです。

早速見てみましたが、宅建業法についてはやっぱり「全範囲からでます」といっていました。

しかし、その中でも頻出分野を4つ挙げて、今年の改正点を踏まえて教えてくれています。

独学者が落としがちな改正点に触れてくれるなんて優しいですね!

今年もクーリングオフ手付金などは出題されるという予想です。がんばりましょう。

使用画像3

④宅建業法-予想問題解説(12分2秒)-

毎年出題のあるクーリングオフ住宅瑕疵担保履行法について解説がありました。

試験の重要論点で、そのうえ毎年出題されているため、どのようなひっかけが盛り込まれるのかについて言及して、どこを意識して覚えておけばよいかを説明してくれています。

この説明を受けたら類題の攻略が容易になり得点率アップにつながりそうです!

使用画像4

⑤法令上の制限-予想論点解説(10分53秒)-

法令上の制限も毎年ほぼ決まったところから出題があるようで、頻出論点についてざっと説明したあと、過去の改正点を振り返り、出題対策をしていました。

細かい数字を覚えるのが苦手という人も、このレクチャーを基準に勉強する部分を構築していけば、効率よく学習ができると思います。

国土利用計画法、農地法、開発許可制度などが狙われると予想されていました。

使用画像5

⑥法令上の制限-予想問題解説(10分20秒)-

問題解説は前半で農地法、後半で都市計画法について解説していました。

農地法は去年改正があったけど出題されていないから今年狙われたら危ないという警告もかねていたので、知識の再確認ができてよかったです。

都市計画法は毎年出題されている開発許可について細かいところまで丁寧に解説してありました。一問でも多く正解しておきたいため、このような知識を整理できる解説は助かりますね!

使用画像6

⑦その他関連知識-予想論点解説(12分26秒)-

その他関連知識は税法と価格評定、住宅金融支援機構法、景品表示法、統計、土地、建物の総称ですが、解説は税法と価格評定についてでした。ということは、第46問以降は自力でなんとかできるということでしょう。

今年狙われそうな内容を出題実績から予想し、
正確に覚えておかなければならない部分を表を用いて説明を行い、改正点にも言及し、出題者が狙いそうなところについても教えてくれています。

使用画像7

⑧その他関連知識-予想問題解説(12分42秒)-

しっかり暗記ができているか、を問う問題の解説をしていました。解説動画いわく、

その他関連知識は理由を考えず正確な暗記をすることが得点につながるとのことです。

ただ丸暗記するだけだとひっかけに騙されるので、どこに注意すべきかをしっかり教えてくれています。

所得税と印紙税は数字が多いですががんばって覚えていきたいですね。

使用画像8

でもって、肝心のどこで観れるかというと↓のリンク先で見れます。直前期の勉強に迷いが生じている方は是非、ご活用ください。

ちなみに、「あてる」の購入はこちらです。

<2017本試験をあてる TAC直前予想 宅建士>