3級と2級(商業簿記)の大きな違いは、3級が個人商店を対象としているのに対して、2級商業簿記では株式会社が対象であること。
 
個人商店というのは、個人が経営しているお店です。事業規模が小さいのです。だからお店の主人が、自分個人の貯金をお店の元手として出資して、お店を経営していくことができる・・・。
この「元手」が資本金でしたね。
 
続きを読む